FC2ブログ

愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



ホームレス二人が倒れるうように寝ていた

夕方のワンコの散歩の時にホームレスが二人倒れるように寄りかかり寝ていた。

なんだか、息をしているのかどうかというような感じで。

一人はよく見かける男性。
この人はリヤカーに溢れんばかりの荷物(ぼろ?)を積んで、いつも引っ張って歩いている。
もう、何年も見ている。

もう一人は初めてかどうかはわからない。

つい先日まで近くの小さな公園に男性のホームレスがいた。
管理人さんが役所に言って、どうにかしたらしい。

私はあの人たちを見ると、ほんとに切ない。

彼らの事情、個人的に何かあまり努力をしなかったのかもしれない、
もしくは運が悪くホームレス担っているのかどうかはわからない。

でも、この日本で、あのような姿で屋外で過ごすというのは辛いだろうなと。

本人たちはどうなのだろうか。

散歩中にワンともにあって、あそこにいるよと話して、
ああいう人たちって役所の支援で生活保護とか受けられないのかな、と言うと、
住所がなければだめでしょう、それにああいう人たちは自分を特定されるのが嫌なんじゃないの。という。
でも、支援団体が入ればできるんじゃないというと、
支援団体は炊き出しとかじゃないの。と。

この付近はマンションにしてもそこそこだから、ワンともは戸建てだから、
落ちこぼれた人には結構きつい目線がある。

でも、どういう経緯でそうなったかはわからないし、個人の問題でもあるけれど、
もう少し、まともな生活をしてもらいたい。

人はいつどこでどのようになるかわからないし。

今の時代は公務員以外は(それに準ずるところもね)ほんとにこれからの時代どうなるかわからない。
それこそAIの時代になれば今、そこそこの生活をしている人たちだってどうなるか。

後ね、あの人たちは何も失うものがない、それって怖いことだよ。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME | 

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

最新記事

スポンサーリンク



月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (1491)
本・雑誌 (35)
講座 (34)
映画 (14)
見学 (4)
ペット犬 (28)
ネット、ニュースから (226)
買い物 (48)
自作貧乏飯 (9)

ランキング

ランキング

運営サイトリンク集

リンク

プライベート

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる