FC2ブログ

愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



スーパーのレジとサッカー台の通路を車いすで通せんぼ"(-""-)"

こういうことを書くと叩かれるとは思う。

でも、今日、ちょっと、むっとしたので。

午前中にスーパーへ。

ここはレジとサッカー台の通路が狭い。
普段でも、子供をカートに乗せていた李とすると、通りにくい。

そして、私が袋詰めを終えて、手に持って、一つはマイバッグを肩にしょって、カラのカートを押してエスカレーターに行こうとしたら、
車いすのおバァさんとそのご主人?の男性がいた。
男性はサッカー台で、袋詰め中。

それはいいけれど、レジと、サッカー台の間に車いすを斜めに止めている。
つまり、通せんぼ。
これってね、幾ら狭くても、サッカー台と平行に止めれば人もカラのカートも通れる。

私は、えっ、と思って、気が付くかなと少々待っていた。
私の後ろにも人がいる。

声をかけるのもねぇ~と思いながら少し待っていた。

漸く、男性が気が付いて、いやそうな顔をして車いすを少しづらした。

以前にも、コンサートで、車いすの人がいて、プログラムを落としたから、私が拾って渡しても知らん顔。

エレベーターなどで、ボタンを押していても知らん顔。

こういう人たちって、(ちゃんとした人もいると思うし、こういう人が少数でしょうけれど)、
自分たちは弱者だから、健常者が気を使って、何かするのが当たり前。という感じを受けるのよな。

今日の、レジとサッカー台の間に通せんぼの男性も、一言でも、あっ、すみません、とあればともかく、
何だか忌々しそうにしていた。

私も、そこを通らないで、カラのカートを押しながら、重い荷物を持ちながら、店内をぐるっと行けば、
エスカレーターにはたどり着ける。

でもさ、そういうことじゃないよね。

何だか以前の乙武さんのレストラン騒動を思い出したわ。

あれだって、予約の時に事前に話しておけばいいことだったじゃない。
それをいきなり、車いすを担いで店内にと、ありえないよね。
あの人たちだけの店じゃないんだから。

今は、不自由な人も街に出かけやすくなっている。
誰でも、使いやすい街、店、等は当たり前。

でも、自分たちが大変だからそれ以外の人が気を使って欲しいというのはちょっと違うよね。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME | 

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

最新記事

スポンサーリンク



月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
日記 (948)
本・雑誌 (27)
講座 (30)
映画 (13)
見学 (4)
ペット犬 (21)
ネット、ニュースから (224)
買い物 (42)
自作貧乏飯 (4)

ランキング

ランキング

運営サイトリンク集

リンク

プライベート

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる