愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



友達の息子さんの病気の話で腑に落ちない??話は眉唾物ばかり。

例の、食費やその他でセレブ???風な人の話。

この人の息子さんは、子供時代にじどうしゃじこに3回もあったとか。
すごい確率だよね。

そして、現在は130キロから110キロまで体重は落としているけれど、車いす生活。
怪我でそうなったとかいうけれど、身障者手当とかはもらっていないという???

高血圧だし糖尿病だし、他にも悪いというらしい。

そして、去年の秋から喘息になり、最近は意識がなくなることもあるという。
行きつけの病院(個人医院ではないらしい)では入院は必要ない、ぜんそくで呼吸困難になるときの吸引機も必要ないとかいうらしい???

そして、どうしてもだめなら救急車を呼ぶようにとのことだと。

そしてこういわれていると・・・いつ死んでもおかしくない。
だから、家で、出来るだけのんびりさせるようにと。

ねぇ、ありえないでしょう。
医者よ。
医者がそんなこと言うかしら。
本来なら、すぐに入院させるでしょう。

そして、彼女は息子は全然会社に言っていないから首になるかもと言っていたけれど、
今日はどうしても会社に行かなくてはならないから出勤したという。
ここ1か月半は出勤していないという。
じゃぁ、お給料は減額で症というと、そんなことはない、満額振り込まれていると。
だって在宅で仕事しているから。と。
この前も1階で倒れていたとか、呼吸が止まったとか。

ねぇ、この話聞いて、何だか変な話でしょう。

本当にそんなことが繰り返されているなら(何度もあるという)医者が入院させるでしょう。
医者がいつ死んでもおかしくないなんて言うわけないと思うけれどねぇ・・・( ;∀;)

ホント、この人の話は、沢山の中の少しの部分を取り上げて話すみたい。

例えばさ、イラクでフセイン大統領が失脚した時に、アメリカ兵がフセイン大統領の銅像を引き倒した場面。
テレビでは沢山のイラク人が集まっているよに映っていたけれど、カメラをひくと、あの銅像の前だけなのよね。
だから、その場面その話をどう切り口でとるかなのよね。
うそではないけれど、全てではない。
彼女の話はそんな気がするわ。

息子さんの病気もね。
そして、以前、息子さんが毎月お小遣いを30万円つけうというのは、たまたまその時だけね。
食費も毎月20万円以上というのも、たまたまその時にそういう時もある。
電気代が毎月5万円いじょうというのも、真夏にそういうこともある。とかね。

とにかく息子さんはしょっちゅう呼吸困難で倒れるそうよ。
でも、お嫁さんは自分のことで出かけているのよね。
彼女も出かける。
ホントにそんな状態の家族が居たら私なら出かけられないわ。
せいぜい家のそばのスーパーへ、あたふたとほんの少しだね。

それに、彼女は去年の秋に、自分の親友が認知症になったときに心配で心配で自分が帯状疱疹になったというのよ。
本当に親友だから心配だから自分もそうなると。
これもあり得ない話だけれどね、たまたま体調が悪かったんでしょうね。
でも、それを言うなら、自分の息子なら、心配で帯状疱疹どころじゃないと思うけれど、昨日はハイキングに行っているくらいの元気なのよ

ホント眉唾ものよね。

あんまり考えないでウソをつくと、整合性が亡くなって、私が突っ込むとさらにウソをついてくる感じ(笑)

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME | 

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

ファッションのお勧め情報

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
日記 (824)
本・雑誌 (23)
講座 (26)
映画 (11)
見学 (4)
ペット犬 (15)
ネット、ニュースから (173)
買い物 (30)

ランキング

ランキング

プライベート

運営サイトリンク

QRコード

QR

お友達リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる