愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



残り人生のQOLを考えれば病気根治を目指さぬ選択肢もある

今朝ネットで見つけた記事。

読みながらそうだよねぇ・・と、1人で納得。

残り人生のQOLを考えれば病気根治を目指さぬ選択肢もある

いい年になったら、つまり70歳以上になったら、何が何でも治すということはしなくてもいいと思う。
切ったり、薬も多くというと、それなりに負担もかかると思うのよね。

私は、もう、(68歳)だから、あちこちにガタが来ているのは当たり前だと思っている。
中にはどこも悪くなくて、ものすごい元気で健康な人もいるとは思うけれど、
ある程度の年になればあちこちにガタが来る。

以前歩いていたら、後ろから聞こえてきた声が
高齢者の女性たちの話。
「あのさ、もう、歳なんだから、70歳過ぎたら医者に行って色々検査しない方がいいわよ。医者で検査すれば必ず悪いところを見つけ出して薬だ、他の検査だとなるんだから、もうさ、歳なんだから自然にした方がいいわよ。」と、声が聞こえた。

私もそう思う、まぁ風邪とかちょっとしたことなら医者に行って処方箋を貰って薬を出してもらうのもいいけれど、
あちこちの医者を渡り歩いたり、健康健康と気にしすぎるのはどうなのかしら。
年相応にガタが来るのは当間だと思うのよね。

いい年をしてぴんぴん元気はありえないから、寝込まない程度、自分で動ける程度の元気があればいいわ。

あちこち痛いのは生きている証拠よね。
100%人間はいつか旅立つんだから、それまで気持ちが元気に明るく過ごしたいわ。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME | 

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

ファッションのお勧め情報

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
日記 (824)
本・雑誌 (23)
講座 (26)
映画 (11)
見学 (4)
ペット犬 (15)
ネット、ニュースから (173)
買い物 (30)

ランキング

ランキング

プライベート

運営サイトリンク

QRコード

QR

お友達リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる