愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



同居家族なのに、孤独死があるという。信じられないわ。

この記事を読んで、ホント切なくなったわ。

私の母は、今年の7月で亡くなって4年になる。
家で、私が介護していた。
認知症で、寝たきりで、デイサービスとヘルパーさん利用。

もうね、イライライライラばっかり。
何で自分がこんなことをしなくてはならないのよ!と"(-""-)"
世の中にはお金も家族も色々と恵まれていて、こんな思いをしなくてもいい人もたくさんいるのに。と。

でもね、この女性みたいに、殆ど母親と顔を合わさないからって亡くなったのも気づかないで2日もたったなんて。
チョットひどすぎない。

幾ら忙しいからと言って、毎日の生活でバタバタといっぱいいっぱいだからと言って、貴方ね、ホンの少し部屋に行って顔を見るだけでもできたでしょうに。

同居母の死を2日後に発見した女性「私が悪いのでしょうか」

この記事を読んでいくと、江戸時代までは年寄りは邪魔だったような。

そして、現代も、生活が大変になってくると、親のことまでも回らなくなっていく。
でもさ、それって、絶対に自分に反ってくるよね。


私は、今となっては、きれいごとに聞こえるかもしれないけれど、母親を見たのはよかったと思う。
ある意味、幸せな経験をしたと。
ただ、介護しているときは、もう、気持ちはイライラで、罵詈雑言を言ったこともある。
手をあげたこともある。

寝たきりになる前の時には本当に大変だった。
その時の私のストレスは最大だったし。

言ってもわからない、当たり前だけれどね、頭でわかっていることと、目の前のやられていることではブチ切れる。

私の母は、7月30日に、朝、私が4時半頃に起きて見に行った時には、安らかに旅立った時だった。
だからホントの看取りは出来なかったけれど、(父も、姉も病院で亡くなったので間に合わなかった)それでも最後まで自宅でいたのがよかったと思う。

ただ、自宅と言っても亡くなる数年前に平屋の一戸建ての50年以上住んでいたところから、私に連れられてのマンションに引っ越したので、これは母親にとってはよくなかったこと。
でも、それぞれの私の事情もあるし、全て親だけの幸せというわけにはいかないしね。

でもでも言いたい、このように同居しているなら、何で少しでも気を回さないの。
自分の生活がいっぱいで忙しいと言っても、貴方はトイレにも行くし、お風呂にも入るし、食事だってするんでしょう。
だから、それらと同じように毎日のするととして、ホンの少しだけ、親の具合を気に掛ける。
それくらいできるでしょう。
何も数十分もかけなさいとは言わない、ホンの数分だけでも様子を見る。

同居していて2日後に亡くなっているのを発見なんて、あまりにも悲しすぎる。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME | 

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

ファッションのお勧め情報

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
日記 (824)
本・雑誌 (23)
講座 (26)
映画 (11)
見学 (4)
ペット犬 (15)
ネット、ニュースから (173)
買い物 (30)

ランキング

ランキング

プライベート

運営サイトリンク

QRコード

QR

お友達リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる