FC2ブログ

愛犬と年金底辺生活

スポンサードリンク



「カネを積まれても使いたくない日本語」そうそう、そうなのよと、ちゃんとした言葉を使いたい。

今、読み始めた本




日本語のあまりのひどい乱れ。
最初から、そうそう、と、言いながら、そこに書かれている文章に笑ってしまった。

子供の臓器移植で若い夫婦が、会見を開き、そこでの言葉の使い方。

そう、今ね、このような話し方が多いのよ。
語尾をのばし、まともな言葉、言い回しができない。

私の年齢でも同じように、なんとかでぇ・・・と言う人もいる。
テレビで、一般人へのコメントを求めてその話し方も、やはりおかしい。

後、この本にも書いているけれど、ら 抜き言葉も、私も嫌い。
聞き苦しい。

私は、商品を買うときや飲食での支払いで、お金を出すと、
1万円からお預かりします。という言い方もおかしいと思う。
なんで、からなの?

以前、デパートでの館内放送でびっくり仰天したことがある。
それは、お迷子様のご案内です。と。
えっ、迷子におをつけるの(@_@;)

後ね、50代半ばで入った会社。
家族経営の小さな会社。
そこで息子が働いていた。
この息子の電話応対。

相手が、電話かけてくるよね。

相手は、○○会社とわかってかけている。
で、それを受ける私は、はい、○○会社です、いつもお世話様になっております。とか言うのが普通だよね。
はい、☓☓に代わります、少々お待ちください。と。
そうして代わった☓☓の応答が、もうね、ぎょっ・・・となる。

こいつ、
はい、お電話お代わりしました、○○会社の☓☓ですと。
あのさ、相手は○○会社にかけている、そして☓☓に電話を繋いでもらっている。
だから、お待たせしました、☓☓です。だよね。

それと、お電話、お代わりしましたには仰天したわ。
えっ、こいつの目の前にご飯茶碗を差し出して、はい、☓☓さん、ご飯のお代わりしてもいいよ、と言いたい(笑)

昨日、もう一つのブログにも書いたけれど、
私の友達は、ものを置いておくこと、置きっぱなしにすることを、
おきっぱといつもいう。
最初はわからない言葉だった。
でも、置いたままだということだとはわかったけれど、
知り合いに話すと横浜ではそう言うらしいけれど、普段は、普通は使わないと。
そこにいてそこの人たちが普通に使うところならばともかくね。
まして彼女は横浜出身じゃない。
後は、この人は自転車のことをチャリと言い続けている。
私のワン友たちも自転車でパートに行く人もいるけれど、当然年齢はかなり私達より下。
でも、そういう人も自転車としか言わない。
だつて、中学生じゃないんだからと(笑)

後ね、この人、私が頼まれたことをやってあげると、
ご苦労さまと言うのよ。
これも使い方間違っているよね、彼女からしたらありがとうと同じ意味だというけれど、
じゃぁ、会社で上司にご苦労さまというのかと。

とにかく、私も言葉はメチャクチャなこともある。
でも、気にかけて、少しでもまともな言葉を使いたい。

その時代、その年代、若い頃にしか使えない言葉も服装もあるよね。
でも、それを70歳過ぎになってもそのままというのは、
頭は大丈夫?そういう言葉、服装、痛いよとなるのよね。

この人は、肩や背中を出した服を着る(年だから背中は汚い・・(ノД`)シクシク  )
ネイルは青や緑や紫や、半分だけ違う色とか、なんだかなぁ・・・。
野球帽みたいなキャップはつばは後ろにしてかぶる。

これって本人は若い来でいるのかもしれないけれど、かなり痛い。

私も服装は少し若めだけれども、痛くならないようにしないとね。

まぁ、今の時代、どのような言葉使いをしても、服装をしても、態度をしても、
絵文字だらけのメールをしても、誰も何も言わないからね。

だけれども、そのようなことにより、自然と自分が周りから変な人と思われる。
それで良ければいいかもしれないけれど、やはり年相応の知性とかは身につけたい。

相手を見て、周りを見て、そして、あまりにも飛びすぎないように。

あのさ、痛いじゃなくて、それが、ものすごく似合っていれば、
その人の生き方にあっていれば輝くんだよね。
でも、そうじゃないとただの非常識の痛い人になる。

言葉は生き物、使い方でその人の品性が丸見えになる。
怖いよ。

この、内館牧子さんの「カネを積まれても使いたくない日本語」まだ半分くらいだけれども
面白い。
痛快だわヽ(^o^)丿

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

本は楽しすぎる「養老院より大学院」・「すぐに 死ぬんだから」ヽ(^o^)丿

今、立て続けにこの人の本を読んでいる。

内館牧子さん

「すぐに死ぬんだから」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すぐ死ぬんだから [ 内館 牧子 ]
価格:1705円(税込、送料無料) (2020/2/4時点)




この主人公のハナさん。
年齢より若く見えるように日々努力している。
そして書いてあることが、そうそう、そうなのよと、私もそう思うよと。
最後には、仲良しご主人が急死して、まさかの、2号さんと子供がいたと言う
大どんでん返し、その対応の見事さ。
この見事というのは、世間一般という意味じゃなくてね。
ファッションも、化粧も姿勢も手を抜かない。
いいよなぁ・・。

同じマンションに80歳を半ば近いお一人様がいる。
この方も、いつもキレイにお化粧して、ネイルして、きちんとした服を着て、
背筋もピンとして、おしゃれな帽子をかぶり、話は楽しい。
お孫さんがいないから、孫孫の話もないし、年寄り的な趣味というより、
お一人で行動する。
服は、私がこの方と知り合ってから同じ服だけれどもいつもキレイにしている。
いいなぁ・・と思う。
話していてとっても楽しいのよねヽ(^o^)丿。

もう1冊、「養老院より大学院」

これもね、数年前には読んでいる。
そのことは仕事をしていて、いいなぁ・・・、こういうのってと思いながら読んでいた。
そして、内館牧子ってすごい人だなと。

なにしろ題名がいいよね。
「養老院より大学院」
ただ、私は大学を出ていないから大学院は入れないけれどね(ノД`)シクシク

後、やはり、この人の性格だとはおもう。

私は当時、親もいたし、私が働かないと食べていけないし、そんな時間とお金の余裕はなかったしね。

でも、ここに書かれているように、学び方は人それぞれだと思う。
カルチャーセンターも、市民大学も、本人が学ぶという気持ちがあればいいわけだよね。

私は働いていたときは放送大学の科目履修生をしていたときはある。
もちろん、単位は取っていない。
で、定年後1年してから放送大学の全科修正に入った。
このほうが科目ごとよりお得だから(笑)

でも相変わらず試験は受けず単位は取らずの状態。
何しろ自分の頭の状態はわかっているから。
それでも、知らないことを知るのは楽しい。
すぐに忘れたとしてもね。
その後埼玉県のリカレントに通うようになった。
もちろんリカレントだから試験はない。

この内館牧子の性格は、「人生 出たとこ勝負」だと自分で書いている。
これってよくわかる。

考えて考えて考え抜いても全く違うことになるのが人生だよね。
私も、あっ、これいいとなると、ほぼ即決。
でも、今まで失敗だと思ったことはない。

昨日の夜の散歩で、2回目にあった人に言われた言葉。

あなたは「華がある、明るくて、面白くて、オーラがある、お友達多いでしょう」と。
これね、私より上の立場の人から今までも何回か言われたことはある。
同じ立場の友達からは言われたことはない。

この人は、会社をやっていて、話していると後ろから、会社の従業員の人たちが近づいてきた。
6〜7人くらいいたかかな。
そして、離婚しているけれど、その離婚した人と会社をやっている。
旦那としてはだめだけれども仕事のパートナーとしては最高だと。
そして年齢はものすごく下だった。それも外国人。

今回で2回目だけれども、私は人はすぐに忘れる。
でもこの人のことは覚えていた。
やはり、最初からこの人も普通のおばさんとは違っていたから。
話していて楽しい人。

私は自分ではチビ・デブ・ブス・のババァだと思っている。
ただ、結婚していないから子供や孫の話はできない。
そして、芸能関係などは好きじゃないしね。

私は私、本のハナさんのようにはできないし(お金の関係)でも、
できる範囲で、外面はシャンとしていたい。
そして、養老院より大学院、学び方は違うけれど、興味のあるものには関心を向けたい。

あぁ・・生まれ変わるのならば、きちんと勉強して、大学に入って、そして留学してと夢は膨らむ。

ワン友が、楽ちゃんママは、大学に行って勉強を続けていたら、大学教授とか担っていたかもね。と
言われたことがある。
これって、とっても嬉しかった。

ただ、この話を放送大学やリカレントで一緒の2歳上の友達に話したら、
大学教授は中卒でもなれるからね。と言われた。
学歴は関係ないからと。
でも、このいいかたはなんだかなぁ・・・と。

まぁいいわ、後少しで「養老院より大学院」を読みおえる。

その後にも、数冊届く予定。

本はなんて楽しいんだろうヽ(^o^)丿

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

雑誌の包装が頑丈すぎる。

私はレース編みが好き。

で、テレビで宣伝していたこの本を買ってきた。

色々な作品を作る本。
初回はたいてい299円。
毎週出ていて、それらは1000円ほどになる。
最初からのパーツなどを毎週続けて完成させるというもの。

今回はレース編みの本。
やはり初回は299円。
グリーンとホワイトの糸が入っている。
ゼロ号のレース針も付いている。

本を見ながら編めるようになっている。
解説は丁寧になっているから初心者でも大丈夫でしょう。

週刊 はじめてのレース編み 2020年 1/22号 雑誌 /アシェット・コレクションズ・ジャパン

ただねぇ・・。
困るのは、この、糸2種類とレース針1本が入っている箱。
下はダンボールで、上に、プラの蓋が付いている。
糸を潰さないようにだからかなりの厚さがあるのよ。

こういうのって、販売元が持ち運びに便利だろうし、店頭では
積み上げて置くのには便利かもしれないけれど、
ものすごく大げさで邪魔なのね。
ここまでしなくてもいいのにと思う。
資源の無駄すぎる٩(๑òωó๑)۶

糸なんだから潰れてもいいじゃない。
糸の上にレース針を置いて、もっと簡易な放送でいいと思うんだけれどね。

今、世の中はゴミを減らそう、プラゴミを減らそう。
レジ袋は使わずにマイバッグで買い物をと言っているのに、時代に逆行だよね。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

「日本国紀」を読んで思うこと。

後もう少しで読み終える。

日本国紀 [ 百田尚樹 ]

この人の本に対してのいい、悪いの評判は両方共ある。
でも、歴史は年表じゃないヒストリーだというのはわかりやすい。
小説家が書いた日本史の通史。
物語としても読める。
いや、物語そのものだと思う。

どんどん引き込まれて読み勧めていく。
かなりな分厚い本。
でも、面白いのよね。

今は、最後の方の、GHQの占領に対してのところを読み進んでいる。

やっぱりさ、日本人の精神を徹底的に破壊したんだね。
そして東京裁判も、後からの犯罪名をつけて、ありえないよね。

あのさ、日本の各地への凄まじい空襲。
東京空襲は、関東大震災などの被災を調べて、下町に爆撃したという。
そこならば徹底的に焦土とできるから。
戦闘員じゃない一般市民を攻撃している。
広島、長崎の原爆も、日本に落とすと決めていたと。

とにかく、これ以外にも、中国の南京大虐殺はないとか、(そいう話は知っているけれど)
中国や、朝鮮が日本人を襲って虐殺していたとかね。

戦後引き上げた女性のために施設を作った。
(強○されて、妊娠した女性のための堕○や性○の治療などの施設)

こういうことって知らない人が多いと思うんだよね。
私は以前読んで知っていたけれどね。

でね、ユダヤ人の迫害があったでしょう。
有名なのが杉原千畝のビザを出したという話。
でも、それだって日本政府が拒否したら入国できなかったと。
日本は黙認していたということ。
後ねもうひとりこういう人がいたという。これは知らなかったわ。

>戦争が始まる前年から、東ヨーロッパのユダヤ人の一部はドイツの迫害から逃れるためにシベリア鉄道を使って上海のアメリカ租界を目指した。しかし、ルートの途中にある満州国の外交部が旅券を出さないため、国境近くのオトポール駅(現在のロシア、ザバイカリスク駅)で足止めされた。
それを知った関東軍の樋口季一郎少将(当時)はユダヤ人に食料・衣服・医療品などを支給した上で、上海租界へ移動できるように便宜を図った
5千人から2万人といわれている。
日独防共協定を結んでいた関東軍は樋口の処分を求めたけれど東条英機は樋口を不問としてドイツに対して人道上の当然の配慮と言った。

東条英機がそういうことをしていたなんて、人道的だよね。

私ね、戦争犯罪って、東条英機(絞首刑)などが、率先して一人の考えでやったとは思えない。
その当時の色々な正解情勢、日本国内情勢などが複雑に絡みついている。
この東条英機が絞首刑にされるような戦争犯罪人とは思えない。

まあ、私がまだまだ知らないことだらけだということもあるけれど。

この百田尚樹の本はたしかに読みやすいし、いい本だと思う。
でも、色々な本を読んで、色々な見方、考え方をしり、そこから自分なりの
考えを見つけていくとうのが大事だよね。

この「日本国紀」を読むならば「日本国紀の副読本」は読んだほうがよりわかりやすい。

【新品】【本】「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 百田尚樹/著 有本香/著

私は先にこの副読本を読んだ。
この副読本に書かれていることが「日本国紀」により詳しく書かれている。

明日にはこの本は読み終えられるわね。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

マチネの終わりにを読み終えて、私とは縁のなさすぎるハイクオリティの恋愛だわ(ヽ´ω`)

同じマンションの人からお借りした本を読み終えた。

もう、十数年住んでいるけれど、お喋りはするが、本を借りるというのは初めて。
そして貸して下った方は80歳をすぎている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マチネの終わりに (文春文庫) [ 平野 啓一郎 ]
価格:935円(税込、送料無料) (2019/12/23時点)




80歳を過ぎて文庫本を読むのってすごいなと思う。
私の知り合いたちは60歳ころから、もう、疲れて目が疲れて本は読めないわ。と、のたまわっていたからね。
多分、元々本は読まない人たちよね。

世界的なギタリストと、聡明で美しいジャーナリストのすれ違いの恋愛小説。

このような恋愛観は私のような、低能ババァには無縁の世界だけれど、
まぁ、本当にこういうのが有ったならば素晴らしいとは思える。

そこに出てくる、音楽は私も好きな音楽。
最初の方に、ピアノのグールドというのが有って、
私は今、YouTubeで、グレン・グールドのゴールドベルク変奏曲を聞きながらこれを書いている。
この演奏で一番好きなのは55年に録音した方なんだけれどね。

私はこのグールドのゴールドベルク変奏曲を、最初の録音のを聞いたときに離れられなくなった。
私が旅立つときには意味もないお経なんていらないからこれを掛けてほしいくらい好きな曲(笑)

そしてその中にこの素晴らしすぎる女性と、ギタリストの妻になった人との会話があって、
それは、マルタとマリアのこと。

私の悪い癖ですぐにネットで調べるのよ(・・;)

この本を角煮当たり、色々な資料が最後に掲載されていた。
コピーを取って、自分で読めそうなのは読んでみたいなと。

本は楽しい、違う世界に連れ出してくれる。
そこからまた違う世界へと、これは泥縄というのか芋づるというのか(笑)

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 | HOME |  »

スポンサードリンク



定年後のおばさん

煎餅

Author:煎餅
定年退職後の少ない年金を節約しながら大きく育った赤柴犬との生活日記

最新記事

スポンサーリンク



月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
日記 (1795)
本・雑誌 (43)
講座 (39)
映画 (15)
見学 (4)
ペット犬 (34)
ネット、ニュースから (227)
買い物 (59)
自作貧乏飯 (15)

ランキング

ランキング

運営サイトリンク集

リンク

プライベート

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる